/home/by-natures/dev*

ソフトウェア開発者としての技術的なメモと、たまに普通の日記。

2021/03/12 データマネジメント成熟度のフレームワークに何を使えばよいか

データマネジメントについて色々考えている時期で、今日は成熟度について。

様々なフレームワーク

とあるプロジェクトでデータマネジメント成熟度を測ろう、となったのですが、成熟度を測るフレームワークにも色々あるようです。

www.cloudtimes.jp

こちらの記事で紹介されているのは以下の3つです:

  • CMMI研究所 が定めるもの(DMM)
  • Deloitte 社が提供するもの
  • Data Orchard 社が提供するもの

他にもウェブ検索していたら EWSolutions 社が提供するものも見つけましたが、大半はコンサルティング企業が有償提供するサービスが多いようです。

ちなみに Deloitte 社が提供するものは、アンケートに答えるだけで成熟度が測れるので面白そうです。ちょっと軸が独特な気がしますが。

Data Maturity Benchmark

DMBOK の書籍の中に紹介されているのは、

  • CMMI データマネジメント成熟度モデル(DMM)(これは上と重複)
  • EDM 協議会 DCAM
  • IBMデータガバナンス評議会成熟度モデル
  • スタンフォー ド・ データガバナンス成熟度モデル
  • ガートナーのエンタープライズ・インフォメーションマネジメント成熟度モデル

…というように非常に多くのフレームワークが存在します。

さらに「DAMA-DMBOKはDMMAの準備や基準を確立するために利用できる」ともあって、DMBOK 自体を成熟度を測る基準にできる、とも書いてあります(ただしその方法やチェックリストは書かれていません)。

CMMI研究所 DMM(DataManagement Maturity)

唯一 CMMI研究所が定めるものが、CMMI の前身がカーネギーメロン大学のソフトウェア工学研究所であったことからなのか、無償でチェックリストが公開されています。以下のリンクからCMMI研究所が定めるデータ成熟度モデルのチェックリストがダウンロードできます:

CMMI Institute - DMM Model At-A-Glance - Japanese Language (Digital Version)

f:id:bynatures:20210312015055p:plain
CMMI研究所の定めるDMMは5+1カテゴリ

DAMA DMBOK での成熟度チェックリストは公開されていない

私が会社の方と読み進めていたのは DAMA DMBOK(v2) だったので、できれば DMBOK ベースのものがないかなぁと探していました。データ総研の記事によると、CMMI DMM と DAMA DMBOK の関係が紹介されていて、DMM は6カテゴリに対して DMBOK は10カテゴリ(v1当初?)ですが、DMM でも DMBOK 10カテゴリの内容は網羅されているとのこと。

データマネジメントマチュリティモデルその2 | 株式会社データ総研

それでも今から CMMI DMM ベースで成熟度を測るのがやや抵抗と手間があるのと、DMBOK の書籍内でも11カテゴリに対してレーダーチャートで成熟度を描画している図があるなど、DMBOK の11カテゴリをベースに成熟度評価できるようにも見受けられます。DMBOK が教科書だとすると、それをどう計測するかは各々の状況に応じて・・・ということなのでしょうか。

それに CMMI DMM だと書籍が英語のものしかなく、技術的な学習であれば英語でもよいのですが、会社に広めようと思うと日本語書籍がある DMBOK でないと苦しい気もしています。

データ総研では DMBOK を読み込み、独自のチェックリストを作成して成熟度評価されているそうです。すごいですね。そういったサービスを利用したい気持ちもありつつ… ひとまず簡易的なDMBOKベースでの成熟度評価チェックリストを作ってみようと思っています。意外と公開事例が見つからなかったので、ちゃんと整備して運用できれば、社外公開などもいつかできるかも・・・いやどうだろう、分かりませんが。。DMBOK の復習にもなって、今のところは楽しめています。

謝辞

Twitter で情報いただきました もりたく様、ありがとうございます!